人工知能によって「なくなってしまう職業」とは!?

あなたの仕事が奪われるかも!?

数年前よりも遥かに優れた機能を持つ人工知能は、非常に高度なスキルをこなすことができるようになっています。

今後は更に高度なスキルを難なくこなせるようになることで、人間の代わりに人工知能が行うことが多くなるかもしれません。

人工知能によってなくなってしまう職業も生じると予想されますが、具体的にどのような仕事が対象になるのか確認してみましょう。

大半の仕事が人工知能に成り代わる未来!

イギリスのオックスフォード大学が発表した論文によると、アメリカに存在している約700の職業のうち将来的に機会化される可能性があると思われる職業は47%だとされています。

しかも、10年から20年という近い将来の予想結果なので、該当する仕事に従事している方にとっては決して笑い話では済まされないような内容です。

この発表を受け、アメリカの職業別就業人口と平均年収などを考慮した結果、機会化される可能性が高いと思われる職業を実際にランキング化した結果、小売店販売員や会計士、一般事務員などが人工知能によって機会化されるかもしれないという結果が出ました。

参考:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1602/03/news024.html

人工知能に負けないためにどうするべき?

人間に変わって人工知能を備えたロボットが仕事に従事するという未来は、ひょっとしたらこの先現実になる時がやって来るのかもしれません。

人間の場合はケアレスミスを引き起こす可能性は高いですが、人工知能の場合は正確に仕事をこなすことができる可能性が高いので、導入時のコストは高くてもランニングコストを考えると人間よりも人工知能を導入したいと考える雇用主が増えるかもしれません。

このような未来が現実になった時、あなたは簡単に諦めてしまうでしょうか?

人工知能がこなす仕事は正確なのは間違いないかもしれませんが、独自に創意工夫することや人とのコミュニケーションはやはり人間でなければ対応が難しい場合も多いです。

人工知能には絶対に負けない!というスキルを磨くことが、これからの時代にはより一層強く求められることなのかもしれません。

例えば、IT関係の仕事でプログラミングを担当する場合、人工知能が機械的にプログラムを組むことができても、細かな部分を修正しなければいけないというクレームが入った時に柔軟に対応するためにはやはり人間の方が良いと考えられます。

個々がこれまで培ってきた経験を活かしながら知恵を出し合い、人工知能を上手に使うという未来が理想的と言えます。

単純作業の繰り返しになる部分は人工知能に任せて、最終的には人間がチェックを重ねたりしながら双方が共存できるようにしたいものです。

そのためにも、人工知能には絶対に負けないという個性を磨く努力が必要になっていくでしょう。